教習所における入校から免許取得までの流れ

教習所における入校から免許取得までの流れ 原動機付き自転車(原付)以外の自動車運転免許を取得する場合、大半の人は公安委員会指定の自動車教習所を利用して運転技術を習得します。
教習所に入校してから実際に自動車の運転免許を取得するまでの流れですが、教習は第一段階と第二段階に分かれていて、それぞれの段階ごとに学科教習と技能教習を受けます。
第一段階の学科・技能をすべて終了して、技能教習のみきわめに合格すると第二段階に進むことができます。
四輪車コースであれば路上教習のための仮免検定(学科・技能)を受けて、仮免を取得したら第二段階に進みます。
第二段階の教習を全て終了した後に卒業検定(技能)が実施され、合格すれば卒業することができ、卒業証明書が交付されます。
教習所を卒業すると居住地を管轄する運転免許センターに出向いて、学科試験と適性試験(視力検査や色覚検査、運動能力検査など)を受けます。
卒業証明書を提出することで、技能検定が免除されます。
学科試験・適性試験とも合格したら本運転免許証が交付されます。
普通・中型・大型自動車の運転免許の場合には、本免許を交付される際に仮運転免許証を返納します。
教習所に入校してから卒業するまでの期間ですが、合宿免許であれば2~3週間、通学教習であれば1ヶ月かそれ以上です。
入校時に別の運転免許証を所持している場合は一部の教習が免除となり、卒業するまでの期間が短くなる場合があります。

合宿所の教習所での1日のスケジュール

合宿所の教習所での1日のスケジュール まず朝は7時半ごろに起きます。
洗顔と歯磨きをし、身支度をして宿舎から教習所にむかいます。
たいていの場合、合宿所と教習所は近くにありますので、歩いて数分ぐらいでしょう。
そして、レッスンを受ける前に、用意された朝食をいただきます。
その後、大体9時ごろから教習がスタートします。
スケジュールは日によってや人によっても、多少違ってきますので、始まる前に確認することが必要です。
技能教習を9時から始め、1時間ぐらいたてば、休憩が入り、11時からは学科教習です。
午前のレッスンを終えたら、昼食の時間となります。
昼食が終われば、また技能教習を受けます。
だいたい一日のスケジュールは、このように流れていきます。
早く終わった日などは、皆で遊びに出かけたり、専用パソコンを使って学科試験対策もできます。
午後7時ごろには夕食となり、みんなと美味しくいただきます。
その後、再び宿舎に帰り、お風呂に入ったり、洗濯をしたり、今日の教習の復習をします。
みんなと楽しくおしゃべりした後、午後10時ごろには就寝します。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>