教習所の車で事故を起こしたら

教習所の車で事故を起こしたら 教習所で事故が起こった場合、一体誰が責任を負うことになるのでしょうか。教習所内で起きた場合と路上で起きた場合とでは若干扱いが異なります。
まず所内で起きた場合は基本的に教習生が責任を負うことはありません。
ただし、ふざけたりして故意に起こした場合を除きます。
次に仮免許を取得し路上教習中に事故が起こった場合については、原則的に運転者である教習生が負わなければなりません。
では同乗者である指導教官には責任は生じないのでしょうか。
教官は教習生が事故を起こさないよう細心の注意を払う必要があります。
したがって、この責任を果たしていないのであるならば、教習生は教官に対して責任を問うことが出来ます。
また、教官を雇用している教習所に対しても問うことが出来ます。
しかし、法律上では以上のような関係になりますが、実際には教習所は自動車保険に加入していることがほとんどであり、この保険によって対応されますので、ふざけて運転したりしない限りは被害者や教官らと揉めることは基本的にはありません。

教習所の車にはしっかりと保険がかかっている

教習所の車にはしっかりと保険がかかっている 免許の取得のために教習所に通おうと思った時に気になることの一つとして、もしも講習中に事故等を起こしてしまったらどうなるのかがよく挙げられます。
運転している本人に責任が掛かってくるのはもちろんですが、指導をしてくれる教官や学校の責任も複雑に絡んでくるので、どう対応が行われるのかも予め知っておきたいことでしょう。

責任の所在などは法律の事もあってややこしくなりがちですが、教習所側では指定自動車教習所総合補償保険という特殊なものに加入をしていて、何かあった時にはそれを使って賠償金や治療費の支払いといった対応が行われます。
運転免許取得者教育見舞金保険もあるので、生徒が教習中の事故によって死傷があった時には見舞金も支払われるようになっています。

どの教習所で学ぶか悩む時もありますが、費用や設備だけでなく必要な保険や制度にも加入しているかどうかを確認した上で選ぶようにすると安心して卒業まで学べるでしょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>